モグニャンキャットフードの悪い口コミ

健康と栄養バランスの事を考えられて製造されているモグニャンキャットフードですが、本当に良いのか?猫にとっておいしいと思えるのか?人間からはわかりませんよね。そこで、こちらではモグニャンキャットフードの悪い口コミを紹介していきます。

 

 

評判と違いあまり食いつきが良くなかった

良かれと思って購入したものの、やはり満足できていない方はいらっしゃるようです。

 

食いつきが良いとされているモグニャンキャットフードですが、実際猫に与えてみると「あまり食いつきが良くなかった」という声がみられました。どんなキャットフードでもいきなり変えてしまうと、味が変わって猫が食べてくれないことがあります。とくに猫はこだわりが強い動物です。少しでも味が変わってしまうと「食べたくない」と思ってしまうこともよくあります。

 

賞味期限が短い

「賞味期限が短い」という声も見られました。これはモグニャンに余計な添加物が入っていないことを意味しています。市販のキャットフードには、賞味期限や味の鮮度を保つために様々な添加物が入っています。中には体内に蓄積されると危険な添加物も存在しますが、モグニャンの場合はそういった危険な添加物が配合されていません。だから必然的に賞味期限が短く設定されているのです。

 

子猫の場合はどうでしょう?体の小さい子猫は影響を受け受けやすいですからね。モグニャンの子猫に関してはこちらのサイトへ。

モグニャンキャットフードの良い口コミ

モグニャンキャットフードを与えている飼い主は、モグニャンをどのように感じているのでしょうか?実際の生の声モグニャンのお試しをした人の口コミをご紹介します。

 

食いつきに関する口コミ

キャットフードの中でも、とくに猫の健康や食いつきを意識して作られているモグニャンです。当然というか、やはり「パクパクと食べてくれる」と食いつきに関する口コミが多いです。

 

他のキャットフードに変えても、「あまり食べてくれなかった」という猫が多いなか、「モグニャンはすぐに完食した」「匂いにつられて寄ってきた」など食いつきが良いのがわかります。さらに、「長年悩んでいた目やにや皮膚のトラブルが改善した」といった口コミもありました。モグニャンの品質の良さを実証していますね。

 

 

モグニャンには余計な添加物は入っていません。栄養バランスを考えた厳選された材料が配合されています。だから子猫からシニア猫まで安心して与えることができるキャットフードです。普通のキャットフードよりも小粒なので、大型の猫にとっては少し物足りないと感じてしまうかもしれません。でも、基本的に味が良いと感じる猫が多く、満足して食べてくれることが多いです。

 

「毛艶も良くなった」「嘔吐がなくなった」など様々なトラブルを改善したという口コミも目立ちます。全体的なイメージとしては、モグニャンを使っているユーザーの多くが満足しているようです。

モグニャンキャットフードの評判

食いつきが良いキャットフード、栄養バランスが良いキャットフードとして高評価なモグニャンキャットフードは、本当に評判が良いのでしょうか?家族当然の猫ちゃんです。「やっぱり評判の良いキャットフードを食べさせてあげたい」「猫が機嫌良く食事をして欲しい」という願いがあると思います。ということでモグニャンの評判をネットで調べてみました。参考にしてください。

 

いろいろと口込みを調べてみると、食いつきや栄養バランス面に関して評判はいいです。とくに健康面で効果を感じている方が多いように思います。

 

 

よく嘔吐してしまったり、目やにがでている状態の猫がモグニャンを食べ始めてから、全くそのような症状がなくなった。毛艶もいい感じになっているなど、モグニャンのこだわりが目にみえる効果として出てきているようです。

 

賞味期限は短いものは、それだけ添加物を使っていない証拠。モグニャンの開閉口はジッパー式なので、湿ったりすることなく、鮮度を保ったまま使いきれるという口コミもありました。

 

値段が高い

反面、こんな口コミもあります。「栄養バランスが良いのは分かるけど、一般的なキャットフードよりかなり高い」。そう感じている方も多いようです。たくさん猫を飼っている方や、大型の猫を飼っている方にとっては消耗も早く、より「高い」と感じる傾向がつよくなります。また、猫によって味の好みは様々です。「あまり食べてくれない」と、気に入ってくれない猫もいます。

 

モグニャンだけでありませんが、商品に対して良い口コミだけではなく悪い口コミも当然あります。だから両方を見たうえで、使ってみるかやめておくか判断することが大事です。

アレルギー用のキャットフード

猫に食物アレルギーはあるの?

人間なら卵や小麦粉、牛乳など様々なアレルギーがあり、それに苦労しているという方も多いと思います。
一方で、猫も人間と同じように食物アレルギーはあるのでしょうか?
猫も人間と同じように食物アレルギーが発生する事があります。

 

猫の食事はキャットフードが主流ですが、そのキャットフードに含まれている特定の成分に対して猫の体内の免疫システムが過剰に反応してしまい、アレルギーが引き起こされます。
アレルギー反応が出ると、胃炎による下痢や嘔吐、皮膚の痒みによる皮膚炎などの症状が引き起こされ、人間と同じように症状に苦しんでしまう事があるため、随時体調には気をつけてあげたいものですね。

 

アレルギーを全く起こさない猫もいれば、アレルギーを起こす物質の種類が多い猫もいるので、愛猫がアレルギーかも?と思ったらすぐに病院に連れて行って検査してもらう事をおすすめします。
まずはどの食物や添加物がアレルギーの原因となっているのかを、飼い主が把握し、それらを与えないように除去する事が最善の策だと言えるでしょう。
しかし、ペットフードの表示が100%正しいかというと、実は約40%において表示偽装の疑いがあることが判明しているので、どれだけそのペットフードが信頼できるかという点も注意しておきたいものですね。

 

猫の食物アレルギーの症状

人間がアレルギーになると、皮膚のただれやじんましん、かゆみ、嘔吐、胃痛、下痢など様々な症状が引き起こされますが、猫が食物アレルギーになってしまうとどのような症状が出るのでしょうか?
一般的には人間と同じような症状が出る事が多いですが、痒みが原因で傷つくまで引っ掻いてしまい皮膚症状が悪化してしまうなど、見ているだけでも痛々しい状況になってしまう事も多々あります。

 

軽度のアレルギーであれば、1度嘔吐するだけで症状が治まる事もありますが、重度になると呼吸困難なども引き起こし、命の危険性もあるので、猫の体調は常にチェックしておきたいですね。
皮膚疾患以外には、炎症性腸疾患やアレルギー性の胃炎による下痢や嘔吐、全身の皮膚のかゆみが原因となる引っかき傷や脱毛、悪化すると膿皮症や外耳炎などが併発する場合もありますので、注意してください。

 

猫によって、どの食物や添加物でアレルギーになるかは多種多様なので、猫が少しでもキャットフードにより体調が悪くなるようであれば、すぐにアレルギーを疑った方が良いでしょう。
食物アレルギーの原因となりやすいのが、餌に含まれているタンパク質ですが、その他にも小麦・大豆・トウモロコシなどの穀物も多いと言われています。

 

アレルギー用のキャットフード

愛猫がアレルギーを持っている、アレルギー体質だと分かったら、それなりの対策をしなければいけません。
食事には特に気をつける必要があるのですが、人間と同じようにアレルギーの原因となる物質が含まれていないキャットフードを与える事が大切です。

 

アレルギー用のキャットフードもたくさんありますが、特にアレルギー源となる食物が含まれていないものが「モグニャンキャットフード」です。
食物アレルギーを持つ猫の特徴として、低品質の原材料に反応しやすいという点がありますが、モグニャンには高品質の原材料が使われており、アレルギーの原因となりやすい穀物も使用されていないので、比較的安心できるのではないでしょうか。

 

さらに、人工添加物や4Dミートなど危険なものは一切含まれておらず、人間が食べることが出来るレベルでの安全性が保証されているので、これならアレルギー体質の猫にも安心して与える事ができます。
タンパク質にアレルギーがある猫には、タンパクを最小単位まで分解したフードである、「ヒルズ猫用低アレルゲン療法食」もおすすめです。

 

タンパク質の中でもアレルギーが起こりにくい鶏肉を使用している上、多くの動物病院でも処方しているなど、安全性が期待できますね。